PGAツアー

ケプカが新ドライバー ミズノST200をテストか?

世界ランキングNo1のブルックス・ケプカ選手が2020年最初のツアー、アブダビHSBCチャンピオンシップにて新しいドライバーのテストをしています。

テーラーメイドが2020年2月に発売予定の『SIM』をテストしているようですが、練習レンジにてミズノの新ドライバー『ST200』を使用してるであろう映像が公開されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sound on @bkoepka 🤤 #ADGolfChamps #RolexSeries

European Tour(@europeantour)がシェアした投稿 –

想定されるスペック

  • ミズノST200
  • Fujikura Ventus Blue 7X

Fujikura VentusシャフトはUS限定のシャフトであり、Black/Blue/Redの3種類を展開しています。
ダスティン・ジョンソン選手は、テーラーメイドM6ドライバーに Fujikura Ventus Black 6Xを装着し、去年から使用しています。
Ventus Blueシャフトは中調子/低スピン/中弾道のシャフトです。
ケプカ選手がテストしている、Ventus Blue 7Xは、重量77.5g/トルク2.9 とハードスペックシャフトの模様です。

世界No1になる以前から、アイアンはJPX900/JPX919を使用してきているので、ウッドもミズノにスイッチする可能性も高いと思われます。

関連記事

  1. タイトリスト新ユーティリティアイアン「U500/U510」

  2. テーラーメイド New P790 UDI

  3. スコッティ・キャメロン トレリウムT22の実勢価格は9万円前後

  4. ミズノ JPX919 TOURアイアン

  5. タイガーが新しいスコッティ・キャメロンをテスト

  6. スコッティ・キャメロン トレリウムT22

PAGE TOP